.

茨城県日立市--耐酸性無収縮モルタルを使用した施工例

施工日 平成23年9月26日
人孔内の硫化水素濃度が高い為、鉄蓋の腐食が進行しています。蝶番部品も脱落しています。
受枠の腐食状況です。
作業前に送風機にて換気を開始します。
ガス検知器にて、硫化水素及び酸素濃度の測定をし、安全を確認します。
測定中のガス導入管の状況です。
センター冶具を設置します。
φ1200で切断開始です。
切断が完了しました。
斫り作業中です。
人孔上部が露出しました。
調整リングを仮置きし、アンカー孔の削孔です。写真のビットはサンコーテクノ製キュージンドリルです。使ってみると便利なのですが、生産中止なのが残念です。
後施工アンカーの設置です。
アンカーボルト及び調整リングの設置です。その後、調整コマにて高さを合わせ、受枠を設置します。
本邦初公開。
「ネオフィット耐酸エマルジョン」
耐酸性にすることで、ネオフィット打設部の硫化水素に対する耐性を高めます。

 

「ネオフィット耐酸エマルジョン」と「水」を規定量準備します。
通常のパラボラ工法の手順と違い、外枠を設置し、硬化するまで約15分待ちます。水で練ったネオフィットより流動性が高い為、リングボルトの孔は事前に埋めておく事が必要です。予想外の箇所から漏れます。

左の画像をクリックすると、動画を御覧になれます。
 外枠を外した後は、通常のネオフィットを充填して下さい。
メッシュ筋の設置状況です。
急速な硬化によるヒビ割れを防ぐ為に、水を噴霧しました。硬化後にはレイタンスの除去を行ってからプライマーの塗布を行います。
アパッチアスファルト(加熱合材)を表層材としました。
完成です。
鉄蓋は特殊塗装鉄蓋(抗菌)「長島鋳物劾ACSを、使用しました。

左の画像をクリックすると、PDF形式カタログを御覧になれます。


<< 前のページに戻る

CONTENT MENU